main
HOME > 京葉分会について > 入会のご案内

■ ご挨拶

建設業労働災害防止協会千葉県支部

  建設業はわが国の基幹産業として益々重要性を高めておりますが、これを取り巻く環境は極めて厳しいものがあり、とくに労働災害は長期的にみれば減少の傾向にありますが、全産業において発生する労働災害による死亡者の約40%、休業4日以上の死傷者の約30%を建設業で占めており、依然としてそのウエイトが高く、今後一層の努力が必要です。
 また、これによって企業が被る直接、間接の損害額は莫大であり、場合によっては、入札に際して指名停止又は指名回避の行政処分を受けるなど、その責任を問われることになります。このような状況では個々の企業のみならず建設業全体の発展に大きな障害を及ぼすことになります。
 私共の団体は、労働安全衛生法により国の実施する労働災害の防止に関する施策の一環として制定された労働災害防止団体法(昭和39年6月29日法律第118号)に基づいて設立された労働省の認可法人であり、全国の建設業を打って一丸とした建設業労働災害防止協会(略称:建災防)の下部組織としてその活動範囲は千葉県全域に及びますが、さらに私共の下部組織として県下各労働基準監督署のご指導を受けて労働災害の防止活動を推進しております。更に公共工事発注機関である千葉県当局においては労働災害防止の重要性と当協会の活動について深いご理解のもと、工事入札参加資格申請において建災防会員である証明書を添付する扱いを行っております。発注期間の労働災害防止の重視と建災防活動の育成の方針は建設業にとって官民一体の防災活動の新しい時代の幕あけと考えます。
 つきましては、建設業を営む各社におかれましては、当協会の設立趣旨及びその使命についてご理解を頂き、当協会にご加入、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、当協会の入会の手続き及び会費等は次のとおりであります。

■ 加入の方式と手続

 千葉県内において建設工事を施工している事業者は、県内、県外業者或いはその規模の大小、業種の如何を問わず当協会に加入することができます。
  • (1)県内業者は原則として本社所在地の分会に加入の申し込みをします。
  • (2)県外業は原則として本社所在地の分会に申し込みをします。
  • (3)分会は別記のとおり地区分会10があります。
  • (4)会員加入の申込みをする場合は、会員加入申し込書(様式1)を提出して頂きます。
申込書ダウンロード お問合せ

■ 加入証明書の発行

 千葉県内において建設工事を施工している事業者は、県内、県外業者或いはその規模の大小、業種の如何を問わず当協会に加入することができます。
  • (1)県内業者は原則として本社所在地の分会に加入の申し込みをします。
  • (2)県外業は原則として本社所在地の分会に申し込みをします。
  • (3)分会は別記のとおり地区分会10があります。
  • (4)会員加入の申込みをする場合は、会員加入申し込書(様式1)を提出して頂きます。
entry_dl

■ 会 費

建設業労働災害防止協会千葉県支部京葉分会規約より

第17条 会費は次の均等会費と実績会費とする。
1.均等会費 
船橋労働基準監督署内に本社、支店若しくは出張所を常態として設け、建設業を営むものは、別表に定める額を納入するものとする。
2.実績会費
  • (イ)会員が年間に施工する工事高に応じて、別表1、に区分されたランク毎に定めた 金額により納入するものとする。年間工事高は原則として、自主申告とする。
  • (ロ)非会員であっても、管内に於いて有期事業を行うものは、別表2、のランク毎に定めた金額により納入するものとする。
topへ